成功に導くために知っておきたい知識!?注文住宅の予備知識や基本を分かりやすく解説!

このサイトでは注文住宅を成功に導くための予備知識や基本を解説しています。
初めての家づくりは多くの場合、専門的なことは分からないまま進んでいきます。
詳しく学ぶ必要はありませんが、知識があることで失敗を避けられたり、満足のいく家づくりが実現できます。
家の購入は人生の中でも大きな買い物です。
施工後にもっとこうすればよかったと後悔しないために、施工業者に依頼する前に事前に押さえておきたいポイントをご紹介します。

成功に導くために知っておきたい知識!?注文住宅の予備知識や基本を分かりやすく解説!

注文住宅を成功させるには、依頼する施工業者選びが大切です。
ハウスメーカーの注文住宅は安心感や品質を求める方に選ばれています。
工務店は設計の自由度が高いとされており、一からこだわりの家づくりを行いたい方に向いています。
自分がどのような家づくりを行いたいのかを明確にして、実現してくれそうな施工業者を選ぶと良いでしょう。
見積もりの項目が分かりやすく説明が丁寧か、こちらの話をちゃんと聞いてもらえるか、アフタフォローは充実しているのか事前に確認して、信頼できる施工業者を選ぶことがポイントです。

意外と知らない人も!?注文住宅とはどのような家づくり?

住宅が欲しいと言う人の中には、注文住宅を建築したいと考えている割合が高いです。
住宅といってもマンションもあるため、マンションが欲しいならば注文住宅とは縁がありませんが、そうでなければ建て売りを購入するケースよりも注文住宅を購入するケースが多くなります。
とは言え、建売よりも高くなる傾向があるため、金銭的な負担を考えるとやはり建売にしようと感じる人もいるでしょう。
では、注文住宅にする場合一体どのような家づくりをするのでしょうか。
注文住宅とはいくつかの分類があり、部分的に要望を述べることができるセミオーダー住宅が存在しており、おおよその形が決まっているけども、細かい部分だけ注文できるタイプがあります。
このような住宅はハウスメーカーなどに多いですが、比較的安く施行することができるわけです。
これに対して、フルオーダーと呼ばれるものも存在します。
フルオーダーとは、すべて顧客の要望を通すことができることです。
ただ法律に反しない範囲内で行わなければいけないため、何でも自由にできるわけではありません。

注文住宅のメリットは自由な間取りを持つ家を作れること

注文住宅のメリットは多岐にわたりますが、その中でも特筆すべきは間取りを自由に設定できることです。
そう言われても、どの点が喜ばしいのかイメージできない人もいるでしょう。
今は建売住宅でも、素晴らしい間取りを備えていることが少なくありません。
多くの人に買いたいと思ってもらえるように、万人受けすることを重視してデザインされています。
しかし言い換えると、個性的な住まいは建売住宅では実現できないということです。
本当に自分に合った住空間を手に入れたいなら、自由に設定できることが条件になるでしょう。
それを満たすものこそが注文住宅であり、あらゆるこだわりを徹底的に反映させられます。
よく似た概念として自由設計もありますが、こちらはハウスメーカーなどが用意した枠組みの中でしか考えられません。
設備や素材は提示されたものから選択する必要があります。
したがって、本当の意味では自由な設計を行えず、何らかの面で妥協する可能性が高いです。

注文住宅は完成するまでの期間が長くなるなどのデメリットも

建物の建築にあたり自由度の高さでは定評のある注文住宅ですが、契約から引き渡しを受けるまでの時間が長くなってしまうというデメリットがあります。
なぜ、工期が長くなってしまう理由ですが、大きなメリットでもある自由度の高さによるものです。
例えば建売住宅であればあらかじめ決められている敷地と、メーカーが建てた住宅がセットで販売されています。
要は気に入った物件があり契約さえ完了すれば、すぐにでも入居できるので工期を気にする必要はないのです。
注文住宅の場合は工事請負契約後に、本格的な建物をどのようなものにするかという作業が開始されます。
もちろん、敷地の決定や工事の見積もりと、工期に関する打ち合わせは契約前に終わっています。
施主の望む建物をどのようなものにするか、それが決まってから地鎮祭などの行事も行われるのです。
契約の意思決定から工事の着工まででも、このように長い時間を要してしまいます。
建物の完成までには着工から数か月必要になりますので、注文住宅の場合は住宅が完成するまでの時間が長くなってしまうのです。
その分だけ建物にこだわった方の、喜びは大きなものになるのです。

注文住宅で考えておくべき建物と土地にかける予算

注文住宅が欲しい方はまず予算を考えることが多いはずです。
すでに土地を所有している状態であれば新たに購入する必要はないですが、所有していない場合は土地探しをする必要があります。
田舎であれば広い敷地を用意することも可能かもしれませんが、都心では地価が高いので田舎のように広いスペースを確保するのが難しいです。
都心の場合は3階建てにしたり、スペースを上手く使う工夫が求められます。
予算を無制限に設定できる方はほとんどいないので、基本的には完成から逆算して計算していく必要があります。
建てる場所が決まったら次はいよいよ注文住宅のデザイン、間取り、素材選びなどを開始します。
注文住宅の最大の魅力は自由なデザインなので、ここはこだわるべきポイントです。
設備などのオプションによって一気に金額が跳ね上がることもあるので、衝動に任せて色々追加しない方がいいです。
本当に必要な設備だけ設置するようにして、住みながら追加していくのが賢い選択です。

リビングの中に階段を設ける注文住宅はコストダウンにも良い効果が

住宅の取得には、建売住宅の購入と注文住宅を建てるという選択肢があります。建売住宅の場合には、既に建てられたものを見て購入するかどうかということを決めます。従って、100%好みを実現できているかと言うとなかなかそういうわけにはいきません。一方注文住宅の場合には、設計の段階から主体的に関わることになりますので、自分の好みのデザインを行うことが可能となります。好きに設計を行いたいということであれば、注文住宅を建設する方が良いでしょう。
注文住宅のメリットとしてよく挙げられる例として、リビングの中に階段を設けるという場合があります。大変おしゃれで開放的な感じになりますので、多くの人達に人気です。リビングのどのような位置に、どのようなタイプのものをつけるかということを自分で選べますので、家の中の雰囲気を好みにすることができます。階段についても、必要とする最小限に設置することも可能ですので、この部分のコストダウンということも可能です。

玄関先にシューズインクローゼットを設けた注文住宅は収納もたっぷり

家族全員が快適に暮らせるマイホームを手に入れる際、昨今では注文住宅施工が高い人気となっています。人気の理由は、限りなく理想としている住まいを手に入れられるからです。
キッチンの装いから室内環境まで、施主自身の意見を反映できるのが魅力といえるでしょう。特に注文住宅の場合、収納スペースをあらかじめ設置することが可能です。たとえばここで一例を述べると、玄関先にシューズインクローゼットを設置するのも用意です。建て売りの場合はクローゼットは省かれるのが一般的なので、別途シューズボックスを購入しないといけません。その分玄関のスペースも狭くなるので、あらかじめ備え付けていて欲しいと思われるものです。注文住宅ではそれを可能としており、内部の広さも自由に設定ができます。生活を送るうえで、必ず荷物は少しずつ増えていきます。各個室に収納スペースを用意したり、廊下に物置部屋を用意したいというときは、注文住宅施工をすることです。

注文住宅はキッチンにもこだわりたい!キッチンの種類を把握しよう

念願の注文住宅を建築する場合、女性ならばキッチンにこだわるかもしれません。
注文住宅を建築するときのキッチンの種類はいくつか存在しますが、一昔前は壁にくっついているタイプのものが多かったです。ちょうど壁側を向いてお皿洗いをする場合などがこれに該当します。最近は、アイランド型のものなどがはやっています。それは、リビングの中にあるようなもので、リビングの方を向いて作業することができるのが特徴です。アイランド型は、ある程度リビングが広くなければ難しくなります。特にこだわりがなければ壁に向いて作業する形で充分です。 それ以外にも、完全に独立をしていないものの、リビングの方を向いて作業ができるタイプのものもあります。最近のマンションやアパート等は、このような形のものを採用しているところが多いです。若い女性などは、独立型かリビングのほう向いているタイプのものを選ぶ傾向があり、特にこだわりがないならそのような形のものを選んでみるのも1つの方法です。

パントリーなどの収納を注文住宅で設置する際には扉を省いた方が良いケースも

注文住宅を建てる際に、収納場所にこだわりを持つ人は少なくありません。キッチンなら、収納スペースであるパントリーを設置するだけで使いやすさがかなり変わってきます。
収納スペースと言うと、押入れやクローゼットのように扉をつけるのが一般的だと考える人も多いです。実際に扉がついていると、見た目がすっきりして方つけるのが楽と言う人もいます。ただし、注文住宅で間取りをどうするかによってはパントリーの扉はない方が良いケースも珍しくありません。例えば、客人が来たときに外から見えにくい場所ならわざわざ扉をつけなくても良いでしょう。スペースの確保の仕方によっては、扉があると開け難かったり中のものが取りにくくなることもあります。間取りと内装、見た目を検討してあった方が良いかない方が良いのか決めるようにしてください。中を見せたくない時はカーテンなどで隠す方法もあります。無理につけなくてもいろいろな方法があるので検討してみることが大切です。

注文住宅は予算ありき!譲れないものと妥協できるものを明確にしておこう

注文住宅を作っていくうちにあれもこれも欲しくなり、予想以上に予算がかさんでしまって困っている人もいるのではないでしょうか。長く暮らしていく家を作るためにはこだわりが必要ですが、ある程度は明確な区切りをつけないと予算オーバーしがちです。
もちろん予算が無限にある場合は好みを詰め込んだ注文住宅を建てることができますが、多くの場合は希望を絞り込んで自制していく必要があります。こんな時には、生活をする上で譲れないものと、妥協できるものを把握することが大切です。まずは譲れないものを明確にしていきましょう。キッチンやお風呂など後々の改修が難しい水回りを優先したい、子供部屋を広く取りたいなど人によってこだわりは様々です。さらには妥協できるものも把握していくことが重要です。水回りにこだわるなら屋根の形はスタンダードなものにする、壁紙のランクを一つだけ落とす、出窓のは変えて通常の窓にするなどの工夫が大切になります。

注文住宅に関する情報サイト
はじめての注文住宅

このサイトでは注文住宅を成功に導くための予備知識や基本を解説しています。初めての家づくりは多くの場合、専門的なことは分からないまま進んでいきます。詳しく学ぶ必要はありませんが、知識があることで失敗を避けられたり、満足のいく家づくりが実現できます。家の購入は人生の中でも大きな買い物です。施工後にもっとこうすればよかったと後悔しないために、施工業者に依頼する前に事前に押さえておきたいポイントをご紹介します。

Search

更新情報